ENGLISH

ARTIST STATEMENT - アーティストステートメント

 熱力学の概念に「エントロピー」という言葉があります。それは状態の乱雑さの度合いを表す物理量を意味し、物質やエネルギーの局在の度合いを表すものでもあるとされています。
 私はそれを「物体は崩壊のプロセスを経て平衡状態に至る現象」と捉え、それは我々個々の人間にも同様に働くものではないかという仮説の上に「デジタルメディアの特性」と「人間の生命活動」の差異について思考しています。前者はエネルギーを担保として永久的であるのに対し、後者は相反した非永久的な身体性と言えるのではないでしょうか。つまりデジタルイメージはデバイスを通し光や音として存在しながらもその実体を持たず、一方で実在の物質は用途に応じた形状を持ち、また否応無しに常に崩壊のプロセスを辿ることとなります。
 私はそのイメージと実在的な物質の境界に介在し、その認知の差分を用いて実在と不在を捉え直す方法で、デジタル時代におけるアナロゴンとは如何なる意味を持つのかを探っています。


page top